agaで出されるプロペシアってどんなもの?

aga治療で使われるプロペシアってなに?

aga6
プロペシアとは、米メルク社の子会社である万有製薬会社が日本で発売したAGA治療薬です。主成分は“フィナステリド”で、メルク社が前立腺肥大症等の治療薬として使用していました。しかし、この薬を投薬された患者に発毛がみられたという副作用に着目され、AGA治療薬としての研究されることになり、1997年にアメリカ食品医薬品局にAGA治療薬としての認可を受けました。日本では2005年に厚生労働省に認可・発売が開始されています。

 

女性がプロペシアを使ってはいけない理由

プロペシアの発毛効果は、抜け毛の原因となる男性ホルモン“ジヒドロテストステロン(DHT)”の増加を防ぐ働きですが、女性の場合、この成分は大きな障害の原因になります。それは、女性の体内にもある“ジヒドロテストステロン(DHT)”というのは、男児を妊娠した場合に生殖器を形成するために必要なホルモンであるからです。そのため、妊娠中に体内に取り入れた場合は、生殖器障害を持った男児が産まれてしまう可能性があるため、妊娠中はプロペシアに触れることも危険とされており、同様の理由で、生殖機能が未発達である男児の服用も危険です。また、プロペシアは女性が服用しても発毛効果はないということです。

 

男性の薄毛にプロペシアが有効な理由

男性の薄毛は、男性ホルモンの“テストステロン”が、“5αリダクターゼ”という還元酵素と結びついて出来た、男性ホルモン“ジヒドロテストステロン”の仕業によるものです。この“ジヒドロテストステロン”は、過剰な皮脂分泌を引き起こして毛穴を塞ぎ、抜け毛を誘発したり、成長中の毛髪に働きかけ、正常であれば3〜5年のヘアサイクルを数か月から1年までに異常に早めて毛髪を抜けやすくしたりします。その現象を食い止めるのにプロペシアが有効なのは、主成分“フィナステリド”が、“5αリダクターゼ”の働きを弱めることによって、抜け毛の元凶となる“ジヒドロテストステロン”の生成を抑制するためです。教えます!!新宿や銀座にagaクリニックが集中している理由を紹介